今年も毎日王冠はメンバー豪華!10頭立てでもぜんぜんOKです。


いよいよ今週から秋の府中開催スタートということで、古馬王道秋三冠を狙う勢力も動き出す、とても競馬好きには堪らない時期になって参りましたね。

そして、秋の府中開幕といえば、脊髄反射のごとく脳裏によぎるのは【毎日王冠】という、伝統と格式高いG2レースでございます。


20年ほど前に遡れば、当時の日本で3強と言われた名馬、サイレンススズカとエルコンドルパサーとグラスワンダーが唯一ぶつかったレースでもあり


10年ほど前に遡れば、当時のスターホースであり府中専用機と言われた怪物牝馬ウオッカが、秋はだいたいここから始動してたのが懐かしいです。


最近でいうと、クラレントやジャスタウェイ、エイシンヒカリにイスラボニータ、ルージュバックにアンビシャスと、2頭馬券内に入ってくるほど4歳の好走が多いレースで、割と馬券は固いのですがレース自体が高レベルで楽しい重賞となってます。




今年は登録10頭の少頭数。でも豪華メンバー!

今年はNHKマイルに安田記念といった、府中マイルG1馬が4頭に加え、京都でのマイルG1馬もいて、古馬のマイルG1馬5頭VS3歳のダービー2着馬ダノンキングリーという図式になってますね。

1人気 ダノンキングリー  予想2倍
2人気 アエロリット    予想3倍
3人気 インディチャンプ  予想4倍
4人気 ペルシアンナイト  予想12倍
5人気 モズアスコット   予想17倍
6人気 ギベオン      予想26倍
7人気 ケイアイノーテック 予想40倍
8人気 ランフォザローゼス 予想50倍
9人気 マイネルファンロン 予想100倍
10人気 ハッピーグリン   予想120倍

予想オッズはこんな感じ。
ヨダレが出そうな好メンバー。
盛り上げ上手な陣営だなーと感心してしまいます。

 

さて、ではこの中でここを勝ちにきてるのはどの馬か?
という議題で考えてみますと、けっこう買える馬が絞られてきます。


ダノンキングリー
共同通信杯1着、皐月賞3着、ダービー2着ということで明らかに適正はディープ産駒らしくマイル~2000m。
となると本来は天皇賞(秋)と言いたいところですが、今年はアーモンドアイとサートゥルナーリアの出走が決定ということで、恐らく次はマイルCS狙いでしょう。
となるとここは休み明け叩きなのは明白。
ただ、休み明けでも過去に勝ってる条件ですし、クラシック無冠馬はタイトル奪取に必死。ディープ産駒が走る条件でもありますし、ダントツ1人気でも軸で問題ないでしょう。


アエロリット
3歳でNHKマイルは勝ってるものの、その後はG1未勝利。
もう5歳秋ですし、去年の勝ち馬というのもあり連覇という称号を獲りたいでしょうが、津村騎手というのが勝負度合いを感じない。次走マイルCS狙いか。相手。


インディチャンプ
今年の安田記念勝ち馬。3歳春から一貫してマイルのみ使われており、ここも休み明けとはいえ勝負度合い高め。ただ斤量58キロで次走マイルCSに向けて無理もしなそう。相手。


3強は明らかに叩きですね。
勝てればラッキーくらいでしょう。


ペルシアンナイト
3歳でマイルCSを勝ってからずっとイマイチ。ただ、今年は札幌記念を使って叩いての参戦で、2戦目の上がり目を考えると買い。騎手はついにミルコ騎手からスイッチだが、シュタルケ騎手も割と合いそう。相手。

モズアスコット
昨年の安田記念を連闘で勝って話題になりましたが、それからはパッとせず。
今回は休み明け。内田騎手。どうしても後ろからの脚質なので条件的にもキツイ。消し。

ギベオン
NHKマイル2着馬。NHKマイルで好走する馬は古馬になってスプリンターになる傾向が強いのですが、この馬は適正は中距離寄り。ただ、岩田ジュニア騎手ということで叩き明白。消し。

ケイアイノーテック
NHKマイル馬ですが、脚質は完全なる追い込み馬。
ただ、一度根岸ステークスを使ったように母はダート馬で、ダート的な脚質が合う可能性も。今回少頭数で最内枠をゲットですが、内のポケットの良いところを距離損なく走れますし、今回は目標のアエロリットとインディチャンプを見ながら運べますので、1発の可能性が見えてきてます。ここで復活もあるかも。買い。

ランフォザローゼス
今回一番の大穴馬。青葉賞2着でダービー出走も、騎手が福永騎手になり消極的な騎乗で7着。その後、同じような特性の騎手の藤岡兄騎手で札幌記念に出ますがさすがに相手が強すぎ。
そして前走セントライト記念は大外18番から果敢に先行するも、最後の直線でエングレーバーに右から吹き飛ばされてサンドイッチとなる不利もあり15着。
脚質的に先行できますし、距離短縮ですし、キングカメハメハ×ディープインパクトといかにも開幕週の府中で長く良い脚を使いそうなイメージ。
青葉賞1着馬がセントライト記念を勝ってるんですから、タイム差無し2着のこの馬も侮れることなかれ。
北村宏騎手も、そろそろ藤沢先生の馬で一発ありそう。
買うならここしかない、くらいの穴。


まとめると!

◎10 ダノンキングリー
○06 ペルシアンナイト
▲01 ケイアイノーテック
△03 アエロリット
△04 インディチャンプ
穴05 ランフォザローゼス

毎日王冠は点数を絞って狙い撃つ!

競馬トークイベント開催!


グリーンチャンネルやネット競馬等で活躍中のトラックマン、吉岡さんと久保木さんによる、メディアじゃ言えない本音の競馬トークライブです。

ジャパンカップの夜、美味しい料理とお酒、そして楽しい競馬トークを吉岡さん&久保木さんと一緒に楽しみましょう!!

▼予約はこちらから!
https://umaguri.com/eventform2019/