弥生賞はワグネリアンが飛ぶ方にフルスイング!きたら福永さんごめんなさい。

新コンテンツ「競馬予想A.I 月宮汐音」

調教とパドック以外の全ファクターを数値化した、新しい競馬理論予想A.I「月宮汐音」の特設サイトです。

中央競馬の全会場の、7レース以降の全レース(障害を除く)予想アップします!
指数以外にも、的中率と回収率のバランスが一番良いと思われる推奨買い目も提示!そこまで至れりつくせりで月額【4,980円(税込)】ですべてご覧になれます!

先週もコンスタントに的中量産!

買い方は推奨買い目以外にもご自由に!



弥生賞は皐月賞の試走レース

今年も弥生賞の季節がやってまいりましたね。

季節はすっかり春です。

皐月賞やダービーを見据えたクラシック優等生が歩むローテーションとしては、ひと昔前は当たり前のように弥生賞でした。

ひと昔前の王道ローテーションはこんなイメージ。

新馬戦 → ラジオNIKKEI(G3)→ 弥生賞 → 皐月賞 → 日本ダービー

それが今は2歳重賞が増えすぎたせいで、早い段階で本賞金獲得した馬がゆったりローテーションで本番に進んでくる関係で、こういう伝統あるトライアル重賞が少頭数になりがちになりました。

何回も激突して切磋琢磨して、そんなメンバーが一堂に揃うのが皐月賞!っていう胸アツ展開だったんですけどねぇ。

そんなこんなで、今回の弥生賞も蓋をあけてみたらダノンプレミアムの一強オッズ。

どっちかというと2~3着を拾って皐月賞への優先出走権を獲りにきた感じの陣営が多いですね。

ワグネリアンとジャンダルムは重賞勝ちもあり、ここで無理してダノンプレミアムを倒さなくても賞金が足りてるので、ここは皐月賞の試走として乗ってきそう。

ジャンダルムは同コースのホープフル2着の実績もあるので、いちばん気楽でしょうね。

ワグネリアンは初の中山がどうでしょう?

サンリヴァルは、おそらく田辺騎手がジェネラーレウーノを選んだため、皐月賞も見据えての藤岡お兄ちゃん確保で、賞金は微妙ですけど前々で進めるタイプなので3着内はありそう。

となるとここで皐月賞の優先出走権を獲りにきているのは

シルクレーシング オブセッション
G1レーシング リビーリング

この2頭ですね!

もしここがダメでも青葉賞からのダービー直行ルートもありますが、ここですんなり皐月賞の出走権をゲットして皐月賞からのダービーの方が良いローテに決まってます。

ということで、勝負度合いで言うと印はこんな感じ

◎オブセッション
◎リビーリング
〇ダノンプレミアム
▲サンリヴァル
▲ジャンダルム
△ワグネリアン

オッズ的に考えて、ワグネリアン切っちゃいましょうかね。

個人的には福永騎手を応援したい気持ちは誰よりも強いつもりですが、馬券となると話は別ですし。

ということで、弥生賞は上記のワグネリアン以外5頭ボックスで勝負してみます!

↓↓ということで、今週はここに注目!

新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の特設サイトです。

中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、
人気馬考察、先行馬考察、多角的考察、調教診断、トラックバイアス分析、レースレベル分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます!