エアコンつけて寝たくない

皆さん、連日の猛暑で寝苦しい夜をお過ごしでしょうけど、こちらも寝苦しい夜をお過ごししておりますので安心してください。

自分は元来、夏に負けないためにも、寝るときは窓をあけて自然な外気で寝たい人なんですけど、窓をあけると熱風が入ってきて窓あける前より部屋が暑くなってしまうという、怪奇現象に見舞われております。[adsense]
怪奇現象っていっても原因は明白で、うちのマンションは隣にすぐマンションがありまして、全戸が部屋の窓をあけると一面が壁になっております。そして、全戸のエアコンの室外機が全部その壁側に向かって取り付けられており、まあ夜になって窓をあけると室外機のモーター音が壁と反響しあってけっこうな騒音になってるんですが、これが原因なんですよね。

その室外機から出る熱気のせいで、うちのマンションと隣のマンションの空間だけ気温が60度くらいになってまして、その湿った熱気が窓をあけた途端にぶわーっと一気に室内に流れ込んでくるんです。だもんで仕方がないので、寝るときだけはエアコンつけて部屋を冷やしてから寝るようにしてます。

もちろん自分はタイマーですぐ切れるようにしてますよ。
でも、他の部屋はみんなずーっと朝まで室外機が動き続けてるので、それでも窓ガラスから熱気が伝ってきて夜中になるとやっぱり暑くなって起きちゃうんですよね。ちょっと思うのですが、これって全戸でエアコンを使わなければ室外機も動きませんから、窓をあけるだけで涼しい風が入ってきて心地よく寝れるはずなんです。

それがそのうちの1軒でも寝るときにエアコンつけると、もう大変!
全戸がエアコンをつけなければ暑い、寝れない、結果室外機のせいで窓の外が暑い、という完全な負のスパイラルに陥っております。

こんな小さいマンションで起きてる、この何気ない現象が広がって広がって、東京全体がヒートアイランド現象になっているのでしょう。文明の利器って怖いですね。