NHKマイルカップ2018予想&新潟大賞典2018予想│GWは笑顔で終わりたいですね。

NHKマイルカップと新潟大賞典の予想をしていきましょう。

その前に、今日の京都新聞杯。

本命フランツ君がダッシュがつかず後方待機。

最後も大外をぶん回して追うも伸びずで、直線200mくらい残してデムーロ騎手は追うのも止めて流しての入線。

もしかしたら、今日は体調悪かったのかもしれませんね。

残念!

切り換えて、日曜日の本番!

NHKマイルカップと新潟大賞典を予想します!



NHKマイルカップ予想

データはこんな感じ。

①直近の東京・芝コースでの着順をチェック
過去10年の出走馬180頭のうち、過去に東京競馬場・芝コースのレースに出走した経験を持つ馬は107頭いたが、その107頭の成績を直近の東京・芝コースのレースでの着順別にまとめると、「1着」組と「2着」組が連対率・3着内率で上位の数値を記録している。

近2走以内で東京芝レース1着か2着の馬
テトラドラクマ
ギベオン
リョーノテソーロ

②オープンクラスの芝1600メートル戦での最高単勝人気に注目
過去10年の出走馬について、オープンクラスの芝1600メートル戦での最高単勝人気別に成績をまとめると、「1番人気」組が6勝、「3番人気」組が2勝を挙げている。

オープンクラスの芝1600メートル戦で1~3番人気だった馬
カシアス
カツジ
ケイアイノーテック
タワーオブロンドン
テトラドラクマ
パクスアメリカーナ
プリモシーン

③GⅠを除いた直近の芝1600メートル戦を勝っていた馬が優勢
過去10年の出走馬について、GⅠを除いた直近の芝1600メートル戦での着順別に成績をまとめると、180頭中151頭にGⅠを除く芝1600メートル戦への出走歴があり、直近の該当レースで「1着」だった馬が連対率で20%を超えるなど好走率でトップとなっている

直近の芝1600メートル戦が1着だった馬
カツジ
タワーオブロンドン
テトラドラクマ

④年明け以降の出走レースと騎手に注目
2012年以降過去6年の優勝馬について、年明け以降の出走レースと騎手を調べると、6頭とも年明け以降2回以上出走し、全てのレースで同じ騎手が騎乗していた。この6頭はNHKマイルCでも同じ騎手が騎乗している。今年もこの傾向が続くのか、年明け以降の出走数と騎手は調べておきたい。

年明け2回以上出走で騎手が全て同じ馬
アンコールプリュ
カツジ
パクスアメリカーナ
プリモシーン
リョーノテソーロ

上記で3つ該当した馬
テトラドラクマ 3番人気
カツジ  5番人気

2つ該当した馬
タワーオブロンドン 1番人気
パクスアメリカーナ 4番人気
リョーノテソーロ 15番人気

ここから漏れたギベオンは長めの距離を使われてきての、この高速馬場で距離短縮は微妙。

ミスターメロディはまだ芝で底を見せていないので負けるまで買い。

テトラドラクマに未勝利戦で差して勝ってるプリモシーンもここは買い。

先週の反省点の【データで人気馬が出てきたら普通にくる】を踏まえて印の強弱を打つと

◎03 テトラドラクマ
〇10 パクスアメリカーナ
▲07 タワーオブロンドン
★15 ミスターメロディ
△01 カツジ
△05 プリモシーン
△06 リョーノテソーロ

NHKマイルカップの予想はこうなりました。

逃げて最後も早い上がり使ったら後方勢はどうしようもない馬場状態だと思うんで、テトラドラクマの田辺騎手にはロゴタイプのような競馬を期待したいと思います!



新潟大賞典予想

①負担重量別の成績に特徴あり
過去10年の負担重量別成績を調べると、ハンデキャップで争われる一戦だが、ハンデ53キログラム以下だった馬と、58kg以上だった馬は3着以内に入っていない。

ハンデ53キロ以下
ハッピーユニバンス
ロッカフラベイビー

ハンデ58キロ以上
ステファノス

②単勝人気別の成績もチェック
過去10年で単勝1番人気馬の優勝はゼロで、2着も1回だけ。1番人気の優勝は、2006年のオースミグラスワンが最後となっている。その反面、2番人気と3番人気の成績は良好で、単勝オッズで見ると5.0~6.9倍のエリアが3着内率66.7%と、高い好走率を残している。

1番人気割引
トリオンフ

5.0~6.9倍の2~3番人気
マイスタイル
ステファノス

③4走前までに4着または5着があった馬が好成績
過去10年の連対馬について近走の成績を見てみると、「4走前までに、4着または5着だったことがある」という馬が、2009年と2011年を除き連対していることがわかった。これらの馬は該当したレースでの単勝人気が、重賞の場合は「4番人気以下」で、条件クラスのレースの場合は「3番人気以内」だった。
ケントオー 重賞9番人気5着
ステファノス 重賞4番人気4着
ハクサンルドルフ 条件3番人気4着

④3走前または4走前が1着だった馬が6年連続で優勝中
新潟大賞典では、「3走前または4走前に勝利していた」という馬が6年連続で優勝している。今年も3走前か4走前に勝利していた馬がいれば要注目だ。

「3走前または4走前に勝利していた」馬
カレンラストショー
ステイインシアトル
トリオンフ
ハクサンルドルフ
ラインルーフ

ここまでのデータを踏まえて優勝の資格があるのはズバリ!

ステファノスで仕方ないでしょう。

G1でもG2でも勝ち負けしてる馬がG3出てきたら、トップハンデだろうが迷わず買いです。

むしろ主な重賞勝ち鞍は3歳時のG3富士ステークス1つだけっていうのは、この馬には少なすぎますから、名より実を取りにきた陣営に敬意を表したいと思います。

トリオンフは人気してるのはわかりますが鞍上が不安なので限りなく消しに近い紐。

休み明けのステイインシアトル、勢いのあるカレントラストジョーは前残り軽快の抑え。

先行できて左回り得意なトーセンマタコイヤにスズカデヴィアスに必ず追い込んでくるハクサンルドルフ!

◎13 ステファノス
〇08 ハクサンルドルフ
▲05 トーセンマタコイヤ
★01 スズカデヴィアス
△07 カレンラストジョー
△10 トリオンフ
△14 ステイインシアトル

印はこんな感じで、この7頭で勝負!

ステファノスの勝利を信じてはいますが、2着になっちゃう癖がある子なので馬単マルチで勝負してみましょうかね。

↓↓閉じる前にここをポチっと!

新コンテンツ「競馬予想A.I 月宮汐音」

調教とパドック以外の全ファクターを数値化した、新しい競馬理論予想A.I「月宮汐音」の特設サイトです。

中央競馬の全会場の、7レース以降の全レース(障害を除く)予想アップします!
指数以外にも、的中率と回収率のバランスが一番良いと思われる推奨買い目も提示!そこまで至れりつくせりで月額【4,980円(税込)】ですべてご覧になれます!

先週もコンスタントに的中量産!

買い方は推奨買い目以外にもご自由に!

新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の特設サイトです。

中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、
先行馬考察、調教診断、トラックバイアス分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます!