京成杯(G3)1週前予想。皐月賞と同じ中山芝2,000m重賞シリーズ第2弾ですね!

今週末の3歳重賞は京成杯ですね!

この中山芝2,000m重賞シリーズはゴールが皐月賞なんですけど、けっこうこの路線を使ってくる陣営が多くてちょっとビックリしてます。

クラシックって日本ダービーを勝つことだけが目標だと思ってるんで、普通に考えたら日本ダービー狙いは共同通信杯や青葉賞を使うと思うんですけど、けっこう皐月賞獲りたい陣営も多いってことなんでしょうかね?

ちなみに、中山芝2,000m重賞シリーズはこんな感じです。

ホープフルステークス【G1】
京成杯【G3】
弥生賞【G2】
皐月賞【G1】

グレード的には京成杯が一番敷居が低いですけど、どうも最近はあんまり使いすぎないように効率よくローテーション組むのが主流になり、3歳重賞が頭数が揃わないパターンが多いんで、ここで賞金詰んで皐月賞直行したい陣営も多そうです。


京成杯は上がり3F最速の馬が強い!

中山だから上がり勝負じゃなく立ち回り勝負でしょ?

って思う人は多いかもしれませんが、それはあくまで平場の下級条件の話で、重賞やオープンクラスになるとけっこうペースが流れて、結果最後はロングスパートの早い上がりが使える馬が有利になってきます。

その証拠に、過去5年の上がり1位と2位の着順を振り返ってみると

上がり1位の馬の着順
2017年 ガンサリュート 2着
2016年 ナムラシングン 8着
2015年 ベルーフ 1着
2014年 アデイインザライフ 3着
2013年 アクションスター 2着

上がり2位の馬の着順
2017年 コマノインパルス 1着
2016年 メートルダール 3着
2015年 ブラックバゴ 2着
2014年 プレイアンドリアル 1着
2013年 フェイムゲーム 1着

まあ、2016年のナムラシングンが大出遅れからの上がり最速で8着にきた以外は、ぜんぶちゃんと馬券内に入ってきてますね。

それだけ中山なのに早い上がりが求められるという事です。

今年出走メンバーの中で上がり上位を使えそうな馬が3頭いました。

3頭はこちら!

こちらをクリック

予想オッズでは2番人気、9番人気、12番人気。

まあ、1頭はけっこう有力ですけど、2頭の人気薄のどちらかが絡んできたら配当爆発ですよね。

今のうちにチェックしといた方がいいですよ!



新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の特設サイトです。

中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、人気馬考察、先行馬考察、多角的考察、調教診断、トラックバイアス分析、レースレベル分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます。

ご自身の競馬予想の情報源&参考予想になれば幸いです。