今週末の産経大阪杯は最後のGⅡ開催。来年からGⅠに昇格です!

今週末のメインレース、産経大阪杯は今年までG2。
来年はG1に昇格して、春の古馬王道路線として組みなおすそうです。

JRAがやっと重い腰をあげて、古馬の春競馬を再編してくれるということで、素直に嬉しく思います。

古馬の中距離路線は適鞍がなく、近年は春と言えば有力馬がドバイや香港、オーストラリアなど海外に遠征するのが通説になってましたが、また来年から流れが変わりそうです。[adsense]

と、いうことで
2017年からの古馬の王道路線を考えてみました。

春の古馬王道三冠
1.天皇賞(春) 京都 芝3200m
2.産経大阪杯 阪神 芝2000m
3.宝塚記念 阪神 芝2200m

秋の古馬王道三冠
1.天皇賞(秋) 東京 芝2000m
2.ジャパンカップ 東京 芝2400m
3.有馬記念 中山 芝2500m

こうなると予測。
来年からは古馬は国内に専念する馬が増えそうですね。

でも、やっぱり気になるのは天皇賞(春)の3200mという距離。
伝統の長距離G1なんですが、最近はステイヤーという感じの馬が少なくて、さらにここを使うと馬の疲労が激しくて、そのまま秋まで休養というパターンも多いです。

なので最近では天皇賞(春)は
【そこまでして出る必要はないレース】
になってきてますね。

こういう番組編成がいかに難しいかはわかります。
でも、世界で行われている種牡馬価値を選定するための芝の国際GⅠ競走は、だいたいが1600m~2400mです。

ドバイターフ 芝1,800m
ドバイシーマクラシック 芝2,410m
ドンカスターマイル 芝1,600m
クイーンエリザベスステークス 芝2,000m
クイーンエリザベスII世カップ 芝2,000m
キングジョージVI世&クイーンエリザベスステークス 芝2,400m
凱旋門賞 芝2,400m
香港ヴァーズ 芝2,400m
香港マイル 芝1,600m
香港カップ 芝2,000m

ということで、思い切って天皇賞(春)を京都芝2,400mに変更したらいかがでしょう?
その距離なら疲労もそこまで残さず、産経大阪杯2,000m、宝塚記念2,200mで良い感じで使える気が。

まあ、春競馬は梅雨の時期とあって馬場悪化したら距離の問題じゃなく疲労はしちゃうんですけど、それでもやってみる価値はある気がします。

そしたら有力馬がわざわざ出費がかさむ海外遠征なんてしないで、国内に専念してくれるんじゃないでしょうか。

どうでしょう?JRAさん!

競馬予想
キュレーションサイト
うまぐりちゃん

headder
予想が的中する喜びを、あなたに!

競馬予想をまとめて公開できるサービスです。
「予想」という競馬の楽しみ方のひとつにフォーカスすることで、今までにない競馬予想情報との出会いを実現します。

投稿して頂いた予想家さんには予想閲覧数に応じた報酬をお支払い!
予想家さん随時募集中です⊂( ^ω^)⊃

▼うまぐりちゃん
http://umaguri.com/

スポンサーリンク