台風18号で鬼怒川堤防決壊!今週末の競馬で大勝負を避けるべき理由

a0800_000741台風18号が過去の記録にないほどの大雨を降らし、鬼怒川が氾濫。
栃木県や茨城県で歴史的な大洪水になっております。

鬼怒川って名前自体は聞いたことがあっても、実際にどの辺を流れてるかわからなかったんですが、今回の洪水でどこを流れているのかがはっきりわかりました。

茨城県の常総市では、鬼怒川の堤防が決壊。
沢山の住宅が水に飲み込まれ、住民は早めに政府がだした避難指示で避難はしてるかもしれませんが、恐らくこれから水がひいていくと同時に人的被害や物的被害が明らかになっていくと思われます。

こういう自然災害って、やっぱり人間ひとりの力じゃどうにもなりません。
被害に遭われた方の心中ご察しします。
[adsense]

台風18号の影響は競走馬にも

関東の競走馬訓練施設、美浦トレーニングセンターは茨城県美浦村にあります。
幸い、美浦村には流れる大きい河川がありませんから、洪水的な被害はないでしょう。でも、やっぱりあれだけの降水量が降り注いだらまったく被害がないわけじゃないでしょうし、交通網や流通網も麻痺してましたから競走馬の体調にも影響は大いにあります。

ましてや、通常は週末のレースに出走する馬の最終追いきりは水曜か木曜。この水曜と木曜にちょうど大雨が降り注いだわけですから、満足な調教ができないまま出てくる馬ばかり。そして関西の栗東トレーニングセンターも美浦ほどではないにしろ、火曜と水曜は大雨が降ってましたから追いきりに影響はあったでしょう。

そういう不確定要素だらけだった馬が出走する今週末の競馬は、競馬新聞の臨戦過程から決まるオッズはほぼほぼ当てにならない、つまり大荒れの可能性が大です。

今週末の競馬は危険

本命党の人は、せっかくの中山阪神開幕週だから参加したい気持ちはよくわかりますが、ぐっと堪えて見することをオススメします。

また、大荒れ馬券しか興味のない大穴党の人は、競馬新聞やデータに頼らず、騎手や枠順、オッズだけで勝負することをオススメします。臨戦過程はアテになりませんので。

と、これだけ注意喚起してますが、馬券は自己責任なので矯正はしません。
自分は競馬大好きなので、馬券は買わずにしっかり予想はしてテレビで楽しもうと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク