京都記念は松田師 VS 橋口師の2月引退調教師に注目して楽しみましょう!

こんばんは。管理人です。

日曜日は京都芝2200mのG2、京都記念がありますね。

例年どうしても少頭数になるこの重賞ですが、過去にはハープスター、ジェンティルドンナ、ジャスタウェイといったスターホースたちが1番人気になって惨敗するという、個人的には【謎の力が働くちょい荒れ重賞】っていうイメージがあります。

たぶん、2200mっていう非根幹距離ってのが惨敗の原因なんでしょうけど。[adsense]

2月の競馬界は引退の季節

中央競馬界では、70歳になる調教師は定年退職ということで引退するのが通例となっております。

今年、70歳で引退する調教師の中で大物調教師といえば、ハーツクライやダンスインザダークといった名馬を育てた「泣きの橋口」こと橋口先生と、アドマイヤムーン、アドマイヤドンといったアドマイヤ牡馬やブエナビスタ、ハープスターといった女傑を育てた「マツパク」こと松田博先生の2人ですね。

京都記念にはそれぞれ、最後の秘蔵っ子を出走させてきます。

橋口先生にダービーを勝たせるために生まれてきた馬と言われる、ダービー馬ワンアンドオンリーと、松田博先生がずっと預かってきた悲運のレーヴ一族の末っ子、レーヴミストラルです。

ワンアンドオンリーは想定8番人気。
3歳秋の菊花賞で凡走して以来、ずっと地味な成績が続いてます。
でもジャパンカップや有馬記念を見る限り、完全な力負けというわけじゃなく不利と展開が原因の負け。
最後の最後に親孝行できるのでしょうか。

レーヴミストラルは想定1番人気。
3歳時は青葉賞は勝ったものの、そこからは凡走続き。前走の日経新春杯ではスローペースの最後方という絶望的な位置から、殿一気で圧勝。騎乗した川田騎手は「松田先生の一番好きな勝ち方で勝ちました」と大好きアピールしてました。
今回は人気もするし距離も微妙ですが、再び殿一気で勝っても負けても悔いのない走りを見せてくれるでしょうね。

まだ2月は芝重賞ありますが、引退する調教師の最後のレースはだいたい京都記念。
また、日本の競馬界はそういう空気を読んだ結果っていうのが往々にしてありますので、ここはそういう視点で楽しむレースかなって思います。

とか言って、どっちも飛んだらごめんなさいですが!

サイト連動競馬予想番組
みんなで予想!うまぐりちゃん

▼番組企画募集中!メールはこちら
info@umaguri.com

「みんなで予想!うまぐりちゃん」
生放送は毎週金曜 22:30~
WEB版更新は毎週土曜 10:00頃まで
レギュラー:古崎瞳、稲森美優、有明ゆな、貫井彩加
生放送視聴:shibuya Cross-FM サイト内
アーカイブ視聴:うまぐりちゃんサイト内
http://umaguri.com/app/channel/index.php

競馬予想キュレーションサイト
うまぐりちゃん

予想が的中する喜びを、あなたに!

競馬予想をまとめて公開できるサービスです。
「予想」という競馬の楽しみ方のひとつにフォーカスすることで、今までにない競馬予想情報との出会いを実現します。

投稿して頂いた予想家さんには予想閲覧数に応じたインセンティブをお支払い!
予想家さん随時募集中!

「うまぐりちゃん」
http://umaguri.com/

スポンサーリンク