ジャパンカップ2017・予想オッズは武デムルメの3強対決!

さあ、いよいよジャパンカップまであと3日!

東京は昨夜よりシトシトと雨が降り続いてますが、今日の夜には雨も止んで、そこから日曜日までずっとカラッと晴天が続く予報となっています。

ジャパンカップ当日の馬場状態ですが、今年は重馬場や不良馬場開催が多かったので例年よりダメージは残ってそうですが、最近の馬場造園科の方針を考えると金曜か土曜の夜にローラーをかけて、内も外もキレイに整えた高速馬場に改造してきてもおかしくありませんね。

逆に、このまま何もせず土曜日もそのまま開催して、内を荒れた状態に残しておいてくれるかもしれませんので、日曜日の10レース、ウェルカムステークスをみて馬場を判断したほうがいいですね。


現時点での予想オッズと想定騎手

まだ枠順発表も出走馬確定もしてませんが、この時点での予想オッズと想定騎手はこんな感じになってます。


1番人気はもちろん天皇賞秋も出遅れから勝ち切ったキタサンブラック。

そして2番人気はこちらも当然、今年のダービー馬であり神戸新聞杯から直行ローテで進んできた3歳馬のレイデオロ。

3番人気は雨の宝塚記念を勝ち、雨の天皇賞秋で2着だったサトノクラウン。こちらはデムーロ騎手ということで騎手人気もするでしょうけど、以前のブログでも書いたとおりドゥラメンテの勝ったレコードダービーで追い込んで3着にきているように、決して良馬場がダメということでも東京がダメということでもない実力馬ですのでこの人気も納得ですね。

以下はオークス馬ソウルスターリング、昨年3着のシュヴァルグラン、昨年のダービー馬マカヒキ、天皇賞秋で3着にきたレインボーラインと続きます。

それぞれの馬に目標がここだったり次だったり、騎手が乗り替わってしまったり、海外から遠征してきたりと、様々な臨戦過程があるわけで、そこらへんの大人の思惑もしっかり読み取って予想しなきゃとは思います。

まあ、前述の馬場造園科が高速馬場にしたらキタサンブラックやソウルスターリング。

荒れた状態で残してたらサトノクラウンやシュヴァルグランに向く馬場になるかなとは思います。

ただ、レイデオロだけは皐月、ダービー、神戸新聞杯と謎が多い勝ち方をしてきた馬で、能力比較がものすごい難しいです。

出遅れ癖なのかスタートのダッシュ力が弱いのか、位置取りが後ろになりがちで、ダービーの勝ち方だけをみると自在型の脚質と思われてるかもしれませんが、神戸新聞杯をみるとどうもそんな気もしないし、どこら辺が強いのかよくわからない馬、っていう印象です。

勝ってしまったらそれまでなんですけど、ただ3歳馬が強いっていう今の流れで安易に飛びついてもなーって思います。

臨戦過程から一番狙える馬は・・・

・休み明け叩き3戦目
・東京2,400mのG1勝ち歴アリ
・前走G1で掲示板以内
・騎手も継続騎乗
・ノーザンファーム生産馬

→この馬!人気ブログランキングへ

中央競馬ランキング

同期のサトノダイヤモンドが年内休養。エアスピネルは先週惜しくも2着。ディーマジェスティやリオンディーズは引退にスマートオーディンは行方不明と、最強世代と言われた4歳世代の頂点に立った馬ですから、ここできて「やっぱりきたか」があってもおかしくない馬だと思います。

想定単勝6番人気の単勝オッズ12倍。

単複でも美味しいですね!


競馬Cafe&Bar「うまぐりちゃん」営業中!


六本木ミッドタウン近くで、競馬観戦ができる「競馬スポーツバー」を営業してます。
カウンター8席、ソファー8席。店内の巨大モニターで競馬をお楽しみいただけます。
1レースからでもお気軽に!

【営業時間】
毎週日曜日 11:00~17:00

▼場所や料金などの詳細はこちら
http://blog.umaguri.com/cafebar-umagurichan

新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の特設サイトです。

中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、人気馬考察、先行馬考察、多角的考察、調教診断、トラックバイアス分析、レースレベル分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます。

ご自身の競馬予想の情報源&参考予想になれば幸いです。