ジャパンカップ2017・ライアンムーア騎手は専属契約のためアイダホに騎乗決定!

1着賞金3億円。

今週末の日曜日に行われる日本競馬最大のビッグレース、ジャパンカップに向けて何かと競馬関連が賑わってきてます。

いつも使う渋谷駅では月曜から巨大なジャパンカップ看板が飾られ、駅の中にもサイネージでジャパンカップのCMがバンバン流れてまして、競馬に興味がない人でも「ジャパンカップっていうのがあるのか~」くらいの認知度にはなってるのかなーなんて思ったりしてます。

アメリカ、アイルランド、イングランド、日本と、4ヶ国の国旗の服をきたタレントさん4人が並んでますね。

ただ、今年招待されてジャパンカップに出走を予定してる外国馬はこの4頭。

アイダホ(アイルランド)
ギニョール(ドイツ)
イキートス(ドイツ)
ブームタイム(オーストラリア)

国旗くらいちゃんと揃えてほしかったなーって思いました!



ムーア騎手の騎乗馬がサトノクラウン→アイダホに!

今年のジャパンカップでは当初は、堀先生がライアン・ムーア騎手にサトノクラウンの騎乗を依頼していたそうです。

なので、天皇賞秋や宝塚記念で騎乗したミルコ騎手はシュヴァルグランに騎乗するだろうと大方が予想していたのですが、ここでアイルライドの名門エイダン・オブライエン厩舎からアイダホが参戦を表明。

このアイダホはアイルランドの大牧場クールモアスタッドの生産馬で、ライアン・ムーア騎手はこのクールモアと専属契約をしているため、必然的にアイダホがくるならアイダホに乗ることになります。

ということで、ムーア騎手に断られたサトノクラウンにもともと乗りたがっていたミルコ騎手はすんなりこちらに決まりそうとのこと。

そんなこんなで、シュヴァルグラン陣営はミルコ騎手を確保できそうだったのにフラれた形になり、かといって今さら福永騎手に依頼するわけにもいかず、今週から来日するオーストラリアのトップジョッキー、ヒュー・ボウマン騎手をなんとか確保した模様です。

他の有力外国人ジョッキーのルメール騎手とクリスチャン・デムーロ騎手は藤沢厩舎の3歳馬に騎乗が決まってましたので、なんとか外国人ジョッキーの取り合い合戦はこのような形に落ち着きそうです。

レイデオロ     クリストフ・ルメール
サトノクラウン   ミルコ・デムーロ
シュヴァルグラン  ヒュー・ボーマン
ソウルスターリング クリスチャン・デムーロ
アイダホ      ライアン・ムーア

予想人気順にはこんな並びになると思いますけど、もちろん1番人気は圧倒的にキタサンブラックでしょう。

世界的に実績もあるトップジョッキーたちが人気薄の馬に騎乗するということで、この5人がそれぞれでキタサンブラックより先着する作戦を立ててくるでしょうから、一波乱あってもおかしくない気がしますよ。

初騎乗っていうのがどうも気になりますが、今のところ本命候補は変わらずこちらです。

→この馬!人気ブログランキングへ

中央競馬ランキング

ちょっと前めのポジション取りをしそうな騎手ではありますが、キタサンブラックを倒すとしたらやっぱり最後方からじゃ届きませんから、そこらへんは考えてくるでしょう。

最終追切の結果が楽しみですね!



競馬Cafe&Bar「うまぐりちゃん」営業中!


六本木ミッドタウン近くで、競馬観戦ができる「競馬スポーツバー」を営業してます。
カウンター8席、ソファー8席。店内の巨大モニターで競馬をお楽しみいただけます。
1レースからでもお気軽に!

【営業時間】
毎週日曜日 11:00~17:00

▼場所や料金などの詳細はこちら
http://blog.umaguri.com/cafebar-umagurichan

新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の特設サイトです。

中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、人気馬考察、先行馬考察、多角的考察、調教診断、トラックバイアス分析、レースレベル分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます。

ご自身の競馬予想の情報源&参考予想になれば幸いです。