今週末は伝統の長距離G1天皇賞(春)!ジャガーメイル君、元気かい?

こんばんは!

今週末のメインレースは、伝統の長距離G1 天皇賞(春)でございます!

今までの春の古馬の目標とするレースの1つでして、だいたいの古馬有力馬はここを使って宝塚記念を走って春競馬終了という流れになってました。

が!

しかし!

それは過去の話![adsense]

最近の古馬有力馬は中距離に特化した馬がほとんど。
中距離とは1600~2400mに強い馬達です。

かたや天皇賞(春)は3200mの長距離戦。
しかも京都競馬場の超高速馬場で行われるため、ここを使うと怪我したり調子を崩したりして宝塚記念にも調整が間に合わないという馬が続出。

最近は天皇賞(春)は回避して、先日のドバイや昨日の香港など、海外の中距離G1に遠征して使うようになってきました。

天皇賞(春)はいらないんじゃないか、くらいの意見もちらほらと見るようになりました。

でも、現状では天皇賞(春)へのステップレースとして日経賞や阪神大賞典、産経大阪杯などのG2も揃っておりますし、ましてや伝統も格式もある【天皇】の名を冠したレースを廃止になんてできるはずはありません。

では、どうしたらいいのでしょう?



これは私の個人的な意見なのですが、天皇賞(春)は京都外回りの芝2400mにしてみたらいかがでしょう?

別に2400mだったら限りなく長距離に近い中距離ですし、ダービーやジャパンカップなどのチャンピオンを決める距離ですし、来年からは産経大阪杯もG1に格上げされるとのことですから、春の古馬王道G1を国内で3連戦する有力馬も増えると思うんです。

天皇賞(春) 京都 芝2,400m(外回り)
産経大阪杯 阪神 芝2,000m(内回り)
宝塚記念  阪神 芝2,200m(内回り)

この3つでいいと思うんですよねぇ。

じゃあ、長距離G1はいらないのか!と言われそうですが、そもそもG1競走というのは種牡馬価値選定レースです。

大好きだったジャガーメイルという馬が天皇賞(春)を勝ったのに種牡馬になれなかったように、昨今の競馬生産界で求められる適正に長距離適正はないんです。

だから、もういっそ距離変更でいいと思います。
じゃないと、ジャガーメイルのようなかわいそうな子が今後も出てくるから!

なんてボヤいてみましたけど、こればっかりは急に変更するのは無理だと思うんで、とりあえずは今週末の長距離G1を楽しもうと思います。

長距離の方が予想はしてて面白いですからね!

競馬予想
キュレーションサイト
うまぐりちゃん

headder
予想が的中する喜びを、あなたに!

競馬予想をまとめて公開できるサービスです。
「予想」という競馬の楽しみ方のひとつにフォーカスすることで、今までにない競馬予想情報との出会いを実現します。

投稿して頂いた予想家さんには予想閲覧数に応じた報酬をお支払い!
予想家さん随時募集中です⊂( ^ω^)⊃

▼うまぐりちゃん
http://umaguri.com/