有馬記念2018。今年の漢字『災』プレゼンター『及川光博』

早いもので、もう今年も有馬記念ウィークになってしまいました。

平成最後の有馬記念。

今日からレース発走まで、ソワソワしながらもじっくり予想をする競馬ファンにとって楽しい一週間の到来ですね!

個人的にはひっそりと有馬記念の勝ち馬がすぐにわかる
ジャパンカップ勝利→有馬記念負け
ジャパンカップ負け→有馬記念勝ち
の法則を見つけてしまい、今年の有馬記念は簡単に当たってしまうと、内心にんまりしてます。


ジェンティルドンナ
2012年 ジャパンカップ 1着
2013年 ジャパンカップ 1着

2014年 ジャパンカップ 4着
2014年 有馬記念 1着→引退

キタサンブラック
2016年 ジャパンカップ 1着

2016年 有馬記念 2着
2017年 ジャパンカップ 3着
2017年 有馬記念 1着→引退

シュヴァルグラン
2017年 ジャパンカップ 1着
2017年 有馬記念 3着
2018年 ジャパンカップ 4着
2018年 有馬記念 ?着→引退予定を撤回

このように、
・ジャパンカップを勝った事がある
・前走ジャパンカップは僅差で負け
・有馬記念を引退レースとして出てきたジャパンカップ馬

という3つのポイントが重なる馬はしっかり勝つという法則になります。


今年で言えばシュヴァルグランが該当だったのですが、この有馬記念で引退予定が引退を撤回して現役続行とのこと。

余談で、2019年4月30日に平成時代終了で2019年5月1日から新年号が始まるわけですが、天皇賞(春)は2019年4月28日開催ということで、平成最後のG1は天皇賞(春)という事になります。

もしかすると大魔神佐々木オーナーは、この来年の平成最後の天皇賞(春)をどうしても取りたいのかもしれませんねぇ。

それでもシュヴァルグランは個人的には軸予定で考えてます。

なぜなら、ジャパンカップも軸でしたからね!!




今年の【サイン馬券】予想!

この時期の有馬記念になると盛り上がるのが【サイン馬券】

そしてその題材になるのが、今年の漢字とプレゼンターですね。


もうご存知の方も多いとは思いますが、今年の漢字は『災』

「今年の漢字」は、京都に本部がある日本漢字能力検定協会がその年の世相を表す漢字一文字を一般から募集し、最も多かった字が選ばれるとのこと。
日本中の多数決で選ばれているとはいえ、なんか暗くて嫌な漢字ですね。

『災』から連想できるサインはベタですが
3番→1番 又は 3枠→1枠

2018年は数多くの自然災害がありましたけど、馬産地の北海道を直撃した災害といえば北海道胆振東部地震でしょう。
発生日2018年9月6日なので9番→6番とか?


次にプレゼンターの『及川光博』さん。

生年月日:1969年10月24日 (年齢 49歳)
だいたいが誕生日パターンが多いので、10番→2番→4番

及川さんも今年は離婚したということで災だったのかもしれませんが、報道では「笑顔で円満離婚」なんて言われてたので、元奥さんのことは考えなくて良さそうです。
たまに誕生日が同じ馬っていうサインもありますが、競走馬はだいたい1~3月生まれですから10月生まれは無し。


という事で、サイン候補は
3番→1番 又は 3枠→1枠
9番→6番
10番→2番→4番

この枠連1点、馬単2点、あと3連単1点の合計400円はどんな枠順になろうと関係なく買っておきましょうかね。

以上、サインでした!

↓1日1ポチっとお願いします!

馬券が当たる指数予想「競馬予想A.I 月宮汐音」

調教とパドック以外の全ファクターを数値化した、新しい競馬理論予想A.I「月宮汐音」の予想サイトです。

中央競馬の全会場の、7レース以降の全レース(障害を除く)予想アップします! 指数以外にも、的中率と回収率のバランスが一番良い推奨買い目も提示!そこまで至れりつくせりで月額【4,980円(税込)】ですべてご覧になれます。 皐月賞◎エポカドーロから単勝、馬連、三連複、三連単の完全的中の実績あり! 買い目は推奨買い目以外にもご自由に!

新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の予想サイトです。

? 中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、 先行馬考察、調教診断、トラックバイアス分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます!