ダイヤモンドステークス予想!8歳でトップハンデ1番人気のフェイムゲームすごい!

明日は2月の東京開催最後の芝重賞、ダイヤモンドステークスが東京競馬場で開催されます。

その距離、なんと3,400m!

 

現在のJRAで実施される芝重賞で、一番長い距離は中山3,600mで行われるG2ステイヤーズステークスです。

そして、その次に長いのがこのG3ダイヤモンドステークスです。

 

ステイヤーズステークスは中山の名物重賞でもありますが、G2というグレードもあり別定戦。

そしてダイヤモンドステークスはG3のハンデ戦になりますね。

 

ハンデ戦って、何回も書いてますが

「ハンデキャッパーが、全頭が横一線でゴールするように能力差を斤量で調整」

という前提なので、3,400mも走った末に全頭が横一線でゴールできるハンデ設定って、けっこう無理ありますよね。

そこまで調整できるハンデキャッパーなら、定量戦のレースなんて100%で馬券当てられそう。

羨ましいことです。。。


フェイムゲームは58.5キロ!サイモントルナーレ爺さんは48キロ!

 

今回のトップハンデは、ダイヤモンドステークス出走は今年で5年連続5回目となるフェイムゲーム8歳の58.5キロ!

そして最軽量は、これまた今年で5年連続5回目となるサイモントルナーレ12歳の48キロとなります。

この2頭。

最近の長距離重賞ではお馴染みの2頭なんですけど、この9.5キロのハンデ差ってエグイですよね。

2014年からの着順とハンデを追うと

2014年
フェイムゲーム   1着 55キロ
サイモントルナーレ 7着 53キロ

2015年
フェイムゲーム   1着 58キロ
サイモントルナーレ 9着 50キロ

2016年
フェイムゲーム   2着 58.5キロ
サイモントルナーレ 9着 48キロ

2017年
フェイムゲーム   6着 58キロ
サイモントルナーレ 14着 48キロ

2018年
フェイムゲーム   ?着 58.5キロ
サイモントルナーレ ?着 48キロ

 

だんだん成績の下がっていく2頭ですが、ハンデはここ3年はずっと変わらない状況。

そして今年はこのフェイムゲームが8歳にして、ルメール騎手効果か、大外なのにダントツの1番人気となっております。

 

あなたなら、フェイムゲーム軸で馬券買えます?

それとも、切ります?

 

明日のオッズが非常に楽しみですね!

 

↓↓応援クリックお願いします!

新コンテンツ「競馬予想A.I 月宮汐音」

調教とパドック以外の全ファクターを数値化した、新しい競馬理論予想A.I「月宮汐音」の特設サイトです。

中央競馬の全会場の、7レース以降の全レース(障害を除く)予想アップします!
指数以外にも、的中率と回収率のバランスが一番良いと思われる推奨買い目も提示!そこまで至れりつくせりで月額【4,980円(税込)】ですべてご覧になれます!

新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の特設サイトです。

中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、
人気馬考察、先行馬考察、多角的考察、調教診断、トラックバイアス分析、レースレベル分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA