うまぐりちゃん公式ブログ

競馬予想投稿サイト「うまぐりちゃん」管理人のブログです。

うまぐりちゃん 日常 競馬

ヴァナヘイム骨折!全治6ヶ月でクラシック絶望。若駒Sは5頭立てに!

投稿日:

サンデーレーシングの実弾が骨折で戦線離脱

父 キングカメハメハ
母 グルヴェイグ
母父 ディープインパクト
母母 エアグルーヴ

この4頭の名前を見ただけで、4頭の現役時代を知ってる方はそれぞれの記憶がフラッシュバックしてる方も多いでしょう。

こんな名馬の血をひく、牡馬の期待馬ヴァナヘイムが、骨折しました。

とはいえ、今は毎年のように故障してクラシックを棒に振る素質馬が何頭かポロポロでる時期なんですが、よりによって私の大本命のこの馬が骨折とは。。。

 

今年の私のUMAJIN POGでのダービー馬候補が脱落です。。。

そんなヴァナヘイムは角居厩舎所属。

他にも
エアスピネルの下の、エアウィンザー。
エピファネイアやリオンディーズの下、グローブシアターなんかもいるんですが、どうも運がない感じの成績になっております。

が!!

ウオッカやカネヒキリ、そしてヴィクトワールピサなどを育てた実績のある調教師さんですし、それ以外にも引退馬の第二の馬生を支援する団体を率先して設立したりと競馬外での活動もしてる、「個人的に大好きで」とても尊敬してる調教師さんです。

先週だって骨折でクラシックを棒に振ったシャケトラが2着してますし、青葉賞馬ヴァンキッシュランもぼちぼち復帰してきます。

これからも「個人的に」角居厩舎は応援していきたいと思います!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

若駒ステークスは5頭立てに!

もともとヴァナヘイムが出てくるということで白旗をあげて登録すらしてこなかった陣営が多く、登録時点で6頭という状況。

なので、ヴァナヘイムの故障により若駒ステークスは5頭立てで確定。

ということで、ヴァナヘイムが出てこようが関係なく登録してきた、5頭の勇者にはボーナスチャンス到来ですね!!

ちなみに、「うまぐりちゃん方式」の予想投稿は◎○▲△★の5頭選択方式で、◎の単勝と、印5頭の馬連BOXと三連複BOXで馬券購入したという前提で的中判定をします。

ということで、若駒ステークスは投稿するだけで
必ず、絶対に、馬連と三連複は的中します!!

問題は単勝当てられるかと、馬連と三連複の配当が10倍つくか否かですね。

もし10倍以上つくと思う方は、全財産フル動員して実馬券を買ってみると面白いと思います!

ガミったら面白くないでしょうけど。

そんな5頭立ての若駒ステークスを、明日は楽しみましょう!

競馬予想
アグリゲートチャンネル
略して【うまぐりちゃん】

headder

予想が的中する喜びを、あなたに!

誰でも無料で競馬予想を投稿公開できる、競馬予想の集合体サイトです。
予想投稿して頂いた予想家には予想閲覧数に応じた報酬をお支払い!
そして投稿された予想は誰でも無料で閲覧可能!
ステキな競馬予想との出会いを提供します。

予想投稿して頂ける予想家さんプロアマ問わず随時募集中!!

▼うまぐりちゃん
http://umaguri.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-うまぐりちゃん, 日常, 競馬
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

みんなで予想!うまぐりちゃん「神戸新聞杯予想」です!

一周年イベントやります! 10月2日の金曜日! スプリンターズステークスと凱旋門賞の間。 その時間帯にうまぐりちゃん1周年イベントやってるんです。 場所は、早稲田です! 詳細はこちら! 松岡正海騎手と …

中距離クラシックトライアルレースの勝ち馬が実はすごい件

こんにちは。 今日は急にまた寒くなって、シトシトと都内は雨が降ってますね。 せっかく春っぽくなって桜も開花したのに、冬に逆戻りしたみたいでガッカリです!スポンサーリンク スポンサーリンク さてさて、皐 …

怒涛の4日間開催が終わって。改めて競馬って素晴らしいですね!

全ての人に感謝の気持ちです! 今回の開催はご存じの通り、日曜日に京都競馬場と中京競馬場が積雪のため中止になり、中京競馬は翌日に順延、京都競馬は翌々日に順延となりました。 競馬は屋外の競馬場を馬が走る競 …

今週より函館競馬場がスタート!楽しいイベント盛りだくさん!

いよいよ今週より函館競馬場の開催がスタートします。 日本全国に合計10ヶ所あるJRA競馬場。 このうち中央4場が東京、中山、阪神、京都。 ローカル6場が札幌、函館、福島、新潟、中京、小倉。 このローカ …

今年のジャパンカップ馬はどいつだ!?ジャパンカップ2015出走予定馬まとめ

11月に入りジャパンカップマンスになりましたが、菊花賞と天皇賞秋とアルゼンチン共和国杯が終わり、いよいよジャパンカップ本番に向けて陣営が腰を据えて動き出す時期になりました。 2010年はブエナビスタの …