うまぐりちゃん公式ブログ

競馬予想投稿サイト「うまぐりちゃん」管理人のブログです。

日常 競馬

小倉記念といえばグレイソブリン記念!でしたが今年はどうなりますやら

投稿日:

今週末の目玉重賞は間違いなくサマー2000の第3戦目となる小倉記念でしょう。

日曜新潟メインのレパードステークスも、歴代好走馬がけっこうな割合で後々大成している点で注目は注目なんですが、新潟D1800mが意外と紛れが少ないコースだからなのか毎年1番人気が普通に強いレースなので、馬券的にはやっぱり小倉記念の方が期待できそうです。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

今年の小倉記念は登録時点で12頭。

無事に全頭が出れて12頭立て。
もし回避馬がでればそれ以下の頭数ということで、今年は頭数的には少し寂しい小倉記念になりそうです。

とはいえ、少頭数だからといって配当まで堅いかというと、メンバーを見た感じそうでもなさそうなのでホッとしました。

小倉記念は昔は【グレイソブリンの血を買っとけばOK!】というざっくりな血統予想で、そこそこ美味しい配当の馬券がポンポンとれてましたので、昔のようにグレイソブリン馬券で遊ぼうかと思ってます。

c2b1b63e8370040813de60271107eac5
グレイソブリン
1948~1976年
父  ナスルーラ
毛色 芦毛
生国 イギリス

白黒写真ですがそれでもわかる、この白い子の血ですね。

昔、なんでグレイソブリンの血なの?と疑問に思って
自己流でいろいろ調べて辿りついた自分なりの理由としては

①小倉は小回り競馬場
②ロングスパート
③小倉は直線が平坦
④パワーなくてもスタミナあればOK
⑤グレイソブリン系のスタミナ血統が合う

という感じで解釈してますが、これが正解かどうかは知りません。
あくまで我流の血統知識です。

補足として、ヌレイエフやニジンスキー、ダンチヒなんかのノーザンダンサー系スタミナ血統も同じ扱いで考えてますけどね。

ということで、今回の登録馬の中から血統的に狙えるこの6頭。

クランモンタナ(母父グレイソブリン)
メイショウナルト(父母父グレイソブリン)
アングライフェン(母父ヌレイエフ)
テイエムイナズマ(母父ダンチヒ)
ベルーフ(父ダンチヒ)
マーティンボロ(母父ヌレイエフ)

今年の小倉記念はこの6頭のボックス馬券で楽しもうかなーなんてぼんやりと思っております。

[PR]小倉記念無料公開!
プロ4人の予想が”完全無料”で閲覧できます。

うまぐりちゃんの競馬番組
みんなで予想!うまぐりちゃん

毎週金曜22:30~生放送&生収録!
最新『アイビスサマーダッシュ予想』はこちら

出演メンバー
古崎瞳、有明ゆな、貫井彩加、清水楓、土肥茉莉

女子だけで楽しく真剣に競馬を予想している競馬番組です。
そして割とマジで当たります!
一石二鳥!

競馬予想
キュレーションサイト
うまぐりちゃん

予想が的中する喜びを、あなたに!

headder
競馬予想をまとめて公開できるサービスです。
「予想」という競馬の楽しみ方のひとつにフォーカスすることで、今までにない競馬予想情報との出会いを実現します。

投稿して頂いた予想家さんには予想閲覧数に応じた報酬をお支払い!
予想家さん随時募集中です⊂( ^ω^)⊃

▼うまぐりちゃん
http://umaguri.com/

スポンサーリンク

スポンサーリンク

-日常, 競馬
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

シルクロードステークスの現在オッズはこちら!ネロが抜けた1番人気?

高松宮記念の前哨戦です! 明日行われるシルクロードステークス(G3)は 3月26日に中京競馬場で行われるG1高松宮記念の前哨戦でもあります。 ただ、本番は中京左回り1200mに対して今回は京都右回り1 …

あと数席で〆切です!6/26(日)『みんなで勝負!うまぐりちゃん』

6月26日のイベント 「みんなで勝負!うまぐりちゃん」 たくさんのご予約ありがとうございます! あと数席で〆切とさせて頂きますので、ご予約がまだのかたはお急ぎください! イベント名 みんなで勝負!うま …

エイシンヒカリvsモーリスの香港カップ!引退レースで大激突!

現役アジア最強馬モーリス登場! 明日はみなさまご存じのとおり、日本では阪神競馬場で2歳牝馬限定のG1阪神ジュベナイルフィリーズが開催されるわけですが、同時間帯に香港では香港国際競走が行われております。 …

秋華賞予想オッズ!混戦模様の牝馬3冠目を制するのは?

2冠か!1冠ずつ分けか!混迷の3歳牝馬路線 桜花賞はジュエラー オークスはシンハライトが勝った今年の牝馬クラシック路線。 今週末はいよいよ三冠目の秋華賞が行われるわけですが、肝心の大本命シンハライトが …

日本ダービーに行ってきました!(完全プライベート)

今年は近年稀にみる豊作世代。 日本ダービーとは競馬の祭典です。 去年6月から始まった新馬戦から続々とデビューした若駒たちが 約1年後の頂上決戦の場で18頭にまで絞られて そこからさらに1番を決めるレー …