フィリーズレビューは距離短縮馬が狙い目!桜花賞に直結しない桜花賞トライアルです。

こんにちは!

今週末は土曜日に阪神スプリングジャンプと中日新聞杯、日曜日にフィリーズレビューと中山牝馬ステークスの4重賞が行われます。

阪神スプリングは障害レースですが、障害だって立派な競馬。予想自体が落馬だったり展開だったりを加味しないといけないのでかなり難しいですが、反面かなりの高配当も期待できるレースです。

中日新聞杯は中京開幕週の芝2000mということで、条件自体は12月に行われる金鯱賞と同じですが、ハンデ戦のG3ということで色んな路線から出走してきて荒れ模様の重賞になります。

中山牝馬ステークスもハンデ戦ですね。牝馬にしては長距離な芝1800m、そして超スローペースになりがちな
牝馬限定戦ということで、狙い目になるのは軽ハンデの逃げ先行馬ですね。[adsense]

そして3歳牝馬限定の桜花賞トライアル、フィリーズレビューが今週のメイン重賞になります。
フィリーズレビュー自体はG2ということで賞金も高く、割と高レベルレースになりますが、桜花賞本番は芝1600mの外回りで、フィリーズレビューは芝1400mの内回りとなりなかなか適正的に本番と直結しないレースになります。

ということで、桜花賞を本気で狙っている陣営は先週のチューリップ賞をステップに使いまして、フィリーズレビューはどちらかというと賞金狙いで使ってきます。桜花賞よりもここを目標に仕上げてくる陣営が多々いまして、毎年まあまあ荒れた配当の決着となりがちです。

そんなフィリーズレビューの狙い目は【距離短縮馬】
前走1500m以上を走ってる馬がフィリーズレビューでは好走しやすいです。
なんで距離短縮馬が好走しやすいかというと、単純に長く走れるスタミナがあるということと、距離短縮されることでスタートからのペースが速くなると逆に道中の流れについていけなくなり、最後の直線までスタミナを温存できたことによる最後の直線の伸びに繋がるから、と言われてますね。

馬は前走を記憶する生き物です。
そしてこれから走るレースの距離が何メートルかなんて馬は知りません。
だからこそ自然と距離短縮馬が優位に立てるんでしょうね。

私のおすすめの距離短縮馬は、リボンフラワーとダイアナヘイロー。
どちらも前走は高レベルレースのマイル戦で、今回は距離短縮。人気はどれくらいになるか分かりませんが、かなり期待の2頭です!

サイト連動
競馬予想番組
みんなで予想!うまぐりちゃん

生放送は毎週金曜 22:30~
WEB版更新は毎週土曜 10:00頃まで
レギュラー:古崎瞳、稲森美優、有明ゆな、貫井彩加
生放送視聴:shibuya Cross-FM サイト内
アーカイブ視聴:うまぐりちゃんサイト内
http://umaguri.com/app/channel/index.php

競馬予想
キュレーションサイト
うまぐりちゃん

予想が的中する喜びを、あなたに!

競馬予想をまとめて公開できるサービスです。
「予想」という競馬の楽しみ方のひとつにフォーカスすることで、今までにない競馬予想情報との出会いを実現します。

投稿して頂いた予想家さんには予想閲覧数に応じた報酬をお支払い!
予想家さん随時募集中!

▼うまぐりちゃん
http://umaguri.com/

スポンサーリンク