中距離クラシックトライアルレースの勝ち馬が実はすごい件

こんにちは。

今日は急にまた寒くなって、シトシトと都内は雨が降ってますね。
せっかく春っぽくなって桜も開花したのに、冬に逆戻りしたみたいでガッカリです![adsense]

さてさて、皐月賞まであと3週間となりました。
今のうちに年末からの中距離トライアルレースの勝ち馬を再チェックしておこうと書き出してみたら、すごい共通点を発見してしまいましたよ。

発見!なんて言い方してますけど気付いてる人も多そうな、ほんとたいしたことない共通点なんですが、ここでご報告します。

まずレース名と勝ち馬と騎手名を並べます。

●ホープフルステークス
1着 ハートレー 騎手:ボウマン

●きさらぎ賞
1着 サトノダイヤモンド 騎手:ルメール

●共同通信杯 
1着 ディーマジェスティ 騎手:エビーナ(蛯名)

●弥生賞
1着 マカヒキ 騎手:ルメール

●スプリングステークス
1着 マウントロブソン 騎手:シュタルケ

この5頭の共通点。

騎手が外国人が多いのはたまたまというか、外国人ジョッキーを乗せる時点で陣営の勝負度合が高くて、その結果を出してきたのが外国人ジョッキーってだけの結果論ですね。

そうじゃない共通点。
それは、この5頭のお父さんはみんなディープインパクトってことです。

ディープインパクトの初年度産駒がデビューした2010年から今年で6年目。
6年経つにも関わらずこれだけの産駒を出して、しかも重賞をこれだけ勝つって凄まじいですよね。

サンデーサイレンスの正当後継種牡馬は間違いないです。
皐月賞やダービーを勝つのもこの5頭から出るかもしれないです。

以上、クラシックトライアル勝ち馬の共通点でした。

競馬予想
キュレーションサイト
うまぐりちゃん

headder
予想が的中する喜びを、あなたに!

競馬予想をまとめて公開できるサービスです。
「予想」という競馬の楽しみ方のひとつにフォーカスすることで、今までにない競馬予想情報との出会いを実現します。

投稿して頂いた予想家さんには予想閲覧数に応じた報酬をお支払い!
予想家さん随時募集中です⊂( ^ω^)⊃

▼うまぐりちゃん
http://umaguri.com/

スポンサーリンク