有馬記念2017予想・キタサンブラック本命ですか?

阪神カップは
〇イスラボニータ
◎ダンスディレクター
△サングレーザー
で本線的中!気持ちいい!

では、このまま有馬記念の予想してまいります!

 

現在(前日土曜)の段階で、キタサンブラックの単勝オッズは1倍台の圧倒的な支持を集めてますね。

確かに今年のメンバーを見渡すと、去年のサトノダイヤモンドやゴールドアクターのような強敵はいませんし、マルターズアポジーのような逃げ馬もいませんし、枠も1枠2番、騎手も武豊。

そして、この有馬記念が引退レースで、引退後は社台系列でものすごいシンジケートが組まれて種牡馬入りが確定と、ケチのつけようがない最高の引退レースとしてのお膳立てが成されてます。

これだけのポジティブ材料が揃えば、有馬記念しか馬券を買わないという超ライト競馬ファン層は、とりあえず思考停止してキタサンブラックから買いますし、競馬を知ってる人もこれだけの状況になればキタサンブラックを本命にして、安くても的中したくなるもの。

 

自分も競馬大好きなので有馬記念は当てたいです。

その気持ちはよくわかります。

 

戸崎騎手は言ってました。

「未勝利の1勝も、G1の1勝も、同じ1勝」と。

ということは、馬券購入者も

「未勝利の1的中も、G1の1的中も、同じ1的中」です。

 

でも、それじゃあ面白くない!

自分の記憶に残すためにも、世の中がこれだけキタサンブラックが勝つ事を望むのであれば、自分は最後まで逆らって馬券を買うことにしました!!


キタサンブラックの不安要素を探しました!

 

ここまでのキタサンブラックの戦歴から、不安要素をあぶり出してみましょう。

ここまで戦歴は19戦。

うち、1着11回、2着2回、3着4回、4着以下が2回となっております。

1着の数が多すぎるんで強いのは分かってるんですが、この3着と4着になった時の特徴を調べてみます!

3着になったのは皐月賞、3歳時の有馬記念、4歳時の宝塚記念、5歳時のジャパンカップです。

中山競馬場 2000m 内回り
中山競馬場 2500m 内回り

阪神競馬場 2200m 内回り
東京競馬場 2400m

4着以下2回は、日本ダービーの14着と、まだ記憶に新しい今年の宝塚記念の9着ですね。

東京競馬場 2400m
阪神競馬場 2200m 内回り

競馬場別の成績を調べてみましょう!

東京競馬場 全6走(4.0.1.1)
中山競馬場 全5走(2.1.2.0)
京都競馬場 全4走(4.0.0.0)
阪神競馬場 全4走(1.1.1.1)

調べたらこの中央4場しか走ったことなかったのに驚きましたが、脚質的に小回りが得意そうですが、実は勝率が高いのは東京と京都の大箱競馬場で、阪神と中山は苦手みたいでした。

ローテーションで考えてみますと、休み明けから休養まで、これまで全19戦をまとめるとこんな感じ。

新馬戦    2015年1月 1着
3歳500万下  2015年2月 1着
スプリングS  2015年3月 1着
皐月賞    2015年4月 3着
日本ダービー 2015年5月 14着

~~~~ 休 養 ~~~~

セントライト 2015年9月  1着
菊花賞    2015年10月 1着
有馬記念   2015年12月 3着

~~~~ 休 養 ~~~~

大阪杯    2016年4月 2着
天皇賞(春) 2016年5月 1着
宝塚記念   2016年6月 3着

~~~~ 休 養 ~~~~

京都大賞典  2016年10月 1着
ジャパンカップ2016年11月 1着
有馬記念   2016年12月 2着

~~~~ 休 養 ~~~~

大阪杯    2017年4月 1着
天皇賞(春) 2017年4月 1着
宝塚記念   2017年6月 9着

~~~~ 休 養 ~~~~

天皇賞(秋) 2017年10月 1着
ジャパンカップ2017年11月 3着
有馬記念   2017年12月 ??

3歳時はデビューが遅くクラシックに間に合わせるローテだったので仕方ないとしても、3歳秋以降は必ず3戦ローテです。

そして3戦目は必ず負けます。

それは5歳になった宝塚記念でも変わらず。

この原因は、陣営が大目標とするレースが2戦目にあるから、休養→1戦目→2戦目のリズムで調子をピークに作るのでしょう。

負けてる3戦目は必ずグランプリです。

菊花賞の疲れ、天皇賞春の疲れ、ジャパンカップの疲れ、天皇賞春の疲れを引きずったまま3戦目で負けます。

今年は天皇賞秋がグチャグチャの不良馬場で疲れが抜けず、ジャパンカップは仕上げず休養に充てたので有馬記念は完璧!

むしろ仕上げてないのにジャパンカップ3着すごい!みたいな。

という情報が流れてますが、そんな単純なものでしょうか?

どんな調整過程だとしても、ここが秋3戦目には変わりないと思うんですよね。

 

ここまでの結論!

3戦目の中山競馬場では、キタサンブラックは勝てません!

 

そして、もうキタサンブラックの戦法は全陣営が知っています。

あのキタサンブラックに勝ちに行く場合、一番の展開の恩恵があるのは実は中団より後ろの追走に脚を使わされずに温存できる馬。

 

こういう戦略をしっかり立てて勝負に燃えるタイプの三冠日本人騎手がいますね。

というわけでこの馬が本命です

人気ブログランキングへ

中央競馬ランキング

 

中山競馬場は距離は違えど3戦2勝。

グラスワンダーの血をひくグランプリ血統ですし、騎手のいう事をよくきく素直な馬で、ジャパンカップも果敢に内を突いて伸びてました。

左回りも東京も長い直線は苦手なのに。

ここで1発ありそうなこの馬とこの騎手に賭けてみたいと思います!

 

 

相手は敬意を表してキタサンブラック。

 

穴は前走古馬との重賞を勝ってるのに人気薄、グランプリ厩舎池江厩舎が出してきたということは勝負になるとみてるサトノクロニクル。

 

紐は人気どころは押さえつつ、ブレスジャーニーとミッキークイーンの頑張りに期待したいです!

 

人気ブログランキングへ
〇キタサンブラック
▲サトノクロニクル
△ブレスジャーニー
△シュヴァルグラン
△スワーヴリチャード
△ミッキークイーン



新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の特設サイトです。

中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、人気馬考察、先行馬考察、多角的考察、調教診断、トラックバイアス分析、レースレベル分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます。

ご自身の競馬予想の情報源&参考予想になれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA