有馬記念2017・キタサンブラック有終の美?

有馬記念が今年もやってきますね~!

ゴール前でサトノダイヤモンドに差されて2着に終わった去年の有馬記念からもう1年経ちます。
1年が早い早い。

昨日の朝日杯は、自信の本命ステルヴィオちゃんが絶好のタイミングで追い出したところで、ムスコローソ池添氏に閉められてケーアイノーテックとムスコローソに挟まれる不利。

追い出してエンジンがかかった頃にはダノンプレミアムがゴールしてしまってましたので2着までがやっとでしたね。残念。

こういう舞台でこういうことができる日本人騎手って、武豊騎手と勝負師池添騎手くらいでしょうね。

勝負の世界ですし、こういう不利も覚悟の上で狙った本命馬だったので悔いはありません。

【G1を勝つ】ということは、こういう勝負運がぜんぶ向くってことなので今回はステルヴィオに向かなかっただけ。

距離伸びてもっと良さそうな感じですし、ステルヴィオは来年のクラシックでも追いかけようと思います!!



苦しくても頑張れる馬を探そう!

暮れの大一番、有馬記念はご存知の通り秋競馬のフィナーレを飾るグランプリレースとなります。

春競馬のフィナーレが宝塚記念。秋競馬のフィナーレが有馬記念、ってことですね。

日本の大きい種牡馬価値の高まるG1レースは日本ダービーやジャパンカップ、天皇賞秋などなど、2,000mや2,400mという【400】で割り切れる根幹距離が多いです。

だがしかし!

このグランプリと呼ばれるレースは、宝塚記念が2,200m、有馬記念が2,500mと【400】で割り切れない非根幹距離。

ここから先は馬本人にインタビューしたわけじゃなく、科学的に学校の教科書に載るほど絶対正しい説ではないので、あくまで人間の妄想の範囲ですが、馬には楽に走れる距離と楽じゃない距離があるんだそう。

楽に走れる走れないは呼吸が関係してるらしいんですが、あくまで仮説の話で。

根幹距離=呼吸が合って楽に走りやすい距離
非根幹距離=呼吸が合わず苦しくなる距離

ということらしいです。

もっと噛み砕いて結論からいうと【呼吸とか関係なくとにかく強い馬】【苦しくても頑張れる馬】がグランプリホースってことです!

オルフェーヴルやディープインパクトは前者ですがゴールドシップやドリームジャーニー、ゴールドアクターは完全に後者。

だから宝塚記念と有馬記念で強いけど他はそうでもない馬がちらほらいるんですね~!

今年の出走予定馬でこの【苦しくても頑張れる馬】は人気がどれくらいか想像つかないですが

→この馬!人気ブログランキングへ

中央競馬ランキング

非根幹G1である宝塚記念で3着。

エリザベス女王杯でも3着。

いつも間隔をあけて大事に使われてるので今年はまだ秋2戦目。

去年の有馬記念でもしぶとく伸びて5着。

今年は去年2着3着の2頭がいないので、単純に3着内に入れる可能性もあり!

5歳牝馬ということで能力の衰えだけが心配ですが、今回もノーザンしがらきでビッシリ仕上げられてるみたいなのでここも堅実に走るでしょう!



新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の特設サイトです。

中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、人気馬考察、先行馬考察、多角的考察、調教診断、トラックバイアス分析、レースレベル分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます。

ご自身の競馬予想の情報源&参考予想になれば幸いです。