有馬記念。上位入線3頭だけの素晴らしいレースでしたね!

3強で決まった2016年の有馬記念でした。

既に1日以上が経過していますが、昨日行われた秋競馬のグランプリ、有馬記念は本当に本当に素晴らしいレースでした。

反比例するように馬券配当的にはぜんぜんでしたが、それとこれは別ですね。

私の持論では、競馬は配当だけが全てじゃありません。

やっぱり本当に強い馬がガチンコで勝負する感動も必要なんです。

[adsense]

競馬人気がにわかに復調傾向で、今年初めて馬券を買う人もたくさんいたでしょう。

初心者のレースを見慣れていない人は、今日の有馬記念がどうすごかったかは理解できないでしょう。

でも、逆に堅かったからこそ「簡単に当たった」という感覚が脳に刷り込まれて「競馬が楽しい」と思って、年明けの金杯も参加する初心者の方も多いかもしれません。

そして、ガツンとやられてしまうのでしょうね!

そうやって競馬ファンが増えていくことを考えれば、今日の有馬記念は初心者にとっても有意義、そして玄人にとっても有意義なレースだったと思います!

なんにせよ、来年の競馬人気は今年以上であってほしい!

それが、競馬が大好きな私からの願いです。

リピーターレースで片付けられない高レベルレース

今年の有馬記念は道中もまばたきできないほど、騎手同士のバチバチな駆け引きが行われたレースでした。

特に3角あたりでサトノノブレスがキタサンブラックを突っつきに行ったあたり、ヒリヒリしましたね。

同じ厩舎、同じ馬主ということでサトノダイヤモンドをアシストしたと思われがちですが、キタサンブラックだけじゃなく、僚馬サトノダイヤモンドやキタサンブラックをマークしてたゴールドアクターもペースアップさせてキツイ展開となってしまい、だからこそ地力がある上位3頭のあの直線の叩き合いになったんだと思います。

本当に強い馬じゃなかったら最後の直線であそこまで伸びませんから。

しかも昨年1着のゴールドアクターが衰えて3着になったと思われがちですが、ぜんぜん逆です。

ゴールドアクターの走破タイムでいうと
2016年 2分32秒7
2015年 2分33秒0

馬場差はあれど、0.3秒早く走破しており

前半のハロンタイムでいうと
2016年 前半5F 6.8 – 11.3 – 12.0 – 11.9 – 12.1
2015年 前半5F 7.0 – 11.7 – 12.2 – 12.5 – 12.7

去年よりもスタートから前半がグッと締まったペースで流れ

上り3Fのタイムは
2016年 35秒7
2015年 34秒8

去年よりも底力を問われる流れだったわけで、それで4着以下をあれだけ離してるということは、ゴールドアクター自体も去年と同等くらいの力は出し切っていて、キタサンブラックが去年より本当に強くなっていて、2キロ差の斤量の恩恵はあれど、外を回して距離ロスのあったサトノダイヤモンドが一番強かったということだと思います。

来年のこの3頭にも注目ですね!

ゴールドアクターは6歳ですが、まだまだいけるでしょう。

競馬予想
アグリゲートチャンネル
略して【うまぐりちゃん】

headder

予想が的中する喜びを、あなたに!

誰でも無料で競馬予想を投稿公開できる、競馬予想の集合体サイトです。
予想投稿して頂いた予想家には予想閲覧数に応じた報酬をお支払い!
そして投稿された予想は誰でも無料で閲覧可能!
ステキな競馬予想との出会いを提供します。

予想投稿して頂ける予想家さんプロアマ問わず随時募集中!!

▼うまぐりちゃん
http://umaguri.com/