今週から開幕の函館競馬場コース攻略│夏競馬で春の負けを取り返そう!!

 

昨日のマーメイドステークスもエプソムカップも、梅雨突入の季節らしい天候&馬場状態でなかなかの荒れっぷりでしたね。

マーメイドステークスを勝ったアンドリエッテは1600万下クラスの馬で、G3格上挑戦での勝利と騒がれてますけど、2年前に1600万下を勝ってオープン馬でした。

それが、6月の降級でオープンクラスから1000万下への2階級降格だったわけで、ここまで苦労してもめげずに走ってきて重賞勝ちとは。

ほんと、馬にも陣営にも頭が下がります。

 

エプソムカップは1番人気のダイワキャグニーが飛び、サトノアーサーがついにやっと重賞初制覇。

馬場が向いたのもありますけど、もともと3歳の時は個人的にダービーでも期待してた馬ですから、秋の飛躍に期待したいです!

馬券はハズレましたがイイモノを見せてもらいました。

 

今週からは函館競馬が開幕しますし、スパッと切り換えていこうと思います!



函館競馬場のコースをおさらい

夏競馬の到来を知らせる北海道開催。

その記念すべき今年最初の函館開催が始まるわけですが、1年ぶりということでコースの事を忘れてる人も多いはず。

ということで、個人の備忘録的にコースをおさらいしておこうと思います。

コース立体図

コース平面図

芝コース高低断面図(右回り)

ダートコース高低断面図(右回り)

この図を見たら一目瞭然ですが、まず直線は262mしかないということで、函館競馬場は「日本一直線の短い競馬場」と言われてます。

そしてレース映像じゃわかりにくいですが、向こう正面に入ると4コーナー真ん中までずーーーーっとゆるやかな登り坂で、坂の頂上が4コーナー真ん中の残り400m地点。そこからコーナー出口&直線入口にかけて、ゆるやかーーな下り坂になってます。

こういう小回りの競馬場は「勝負所」と言われるポイントが、東京や京都や阪神といった大きい競馬場に比べると早くて、3コーナー入口あたりから始まります。

3コーナー入口。つまりずーっと登坂の途中から仕掛けられるわけで、スピードよりもスタミナが最重要になります。

 

ということで、個人的に狙うとしたら芝もダートも距離短縮を狙うのが良いかと思います!

あとは、キレるタイプじゃなく長く良い脚をずーっと使えるスタミナ先行タイプですかね。

 

狙うべき馬はこの2つをポイントに探すようにしてますが、なにはともあれ開幕週。

JRA馬場造園科がどういう方向で馬場整備をしているのかは蓋をあけてみないとわかりませんから、土曜日は勝負せず傾向を読んで日曜の函館スプリントで勝負がいいでしょうね。

 

今年の函館スプリントステークスの個人的狙い馬はラインスピリットとヒルノデイバロー。

どちらも穴で面白そうです!

 

↓↓閉じる前にここをポチっと!

新コンテンツ「競馬予想A.I 月宮汐音」

調教とパドック以外の全ファクターを数値化した、新しい競馬理論予想A.I「月宮汐音」の特設サイトです。

中央競馬の全会場の、7レース以降の全レース(障害を除く)予想アップします!
指数以外にも、的中率と回収率のバランスが一番良いと思われる推奨買い目も提示!そこまで至れりつくせりで月額【4,980円(税込)】ですべてご覧になれます!

先週もコンスタントに的中量産!

買い方は推奨買い目以外にもご自由に!

新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の特設サイトです。

中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、
先行馬考察、調教診断、トラックバイアス分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます!

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA