高松宮記念、日経賞、毎日杯、マーチS。今週末の重賞データ分析情報!

 

先週にふと思いついて掘り下げてみた、JRAのオフィシャルサイトにアップされている重賞データ分析。

http://blog.umaguri.com/jradatabunseki201803

こちらで2頭ずつピックアップした馬がこんな成績でした。

土曜中京11R G3ファルコンステークス
ダノンスマッシュ 1番人気7着
タイセイプライド 6番人気6着

土曜中山11R G3フラワーカップ
メサルティム   5番人気6着
モルフェオルフェ 7番人気8着

日曜阪神11R G2阪神大賞典
レインボーライン 3番人気1着
サトノクロニクル 4番人気2着

日曜中山11R スプリングステークス
エポカドーロ 3番人気2着
レノヴァール 7番人気5着

8頭中3頭が馬券内!

どれも3番人気以下ということを考えると、なかなかいいピックアップができてるんじゃなかろうか?

ということで、引き続き今週末もデータ分析コーナーを掘り下げてみたいと思います!



伊吹様、河野様、浅野様、今週もお疲れ様です!

 

さっそくアップされていた今週末の4重賞のデータ分析を見ていきますね。

まずはこれ!

 

高松宮記念(G1)データ分析
http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2018/0325_2/index.html

ピックアップするデータはこの2つ。

前走の着順がポイント
過去10年の出走馬の前走の着順別成績を調べると、前走で「2着以内」だった馬が3着内率37.5%と優秀な成績を収めている。一方、「3~5着」だった馬は同15.0%、「6着以下」だった馬は同3.7%にとどまっている。

まあ、終わってみればでよくある、前走の着順いい馬ばっかりで決まるアレですね。

前走2着以内
キングハート
セイウンコウセイ
ダイアナヘイロー
ダンスディレクター
ナックビーナス
ファインニードル

前走で上位人気に推されていた馬が優勢
過去10年の3着以内馬延べ30頭中25頭は、前走が「国内のレース」で、そのレースでの単勝人気が「4番人気以内」だった。一方、前走で「5番人気以下」だった馬は優勝例がなく、3着内率も3.2%にとどまっている。

前走4番人気以内
ソルヴェイグ
ナックビーナス
ビップライブリー
ファインニードル
レッドファルクス
レーヌミノル

「前走2着以内」と「前走4番人気以内」の両方に当てはまる馬はこの2頭。
ナックビーナス
ファインニードル

そういえば、ファインニードルは馬主名がゴドルフィンに替わって勝負服も青一色の通称ロイヤルブルーになりましたね。
高松宮記念で好成績のアドマイヤムーン産駒。
アドマイヤムーンはダーレーファームの種牡馬。
これはいろいろ絡んで、一発あるかもしれんですね!

ナックビーナスは、典さんがちゃんと乗ればいつも好走するイメージですが、今回は三浦騎手に乗り替わりとのこと。
ただ、今の勢いを考えるとそろそろG1勝ってもいいかも。
この2頭、面白いです。

 

日経賞(G2)データ分析
http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2018/0324_1/index.html

ここでピックアップはこのデータ!

近走での中山GⅠ・GⅡ出走歴がポイント
中山競馬場で行われた過去10回の出走馬について、過去3走以内の中山のGⅠ・GⅡへの出走回数別成績を調べると、3着以内馬の半数以上を出走回数「1回」の馬が占めている。好走率で「2回」・「1回」組が「0回」組を大きく上回っていることから、過去3走以内に中山競馬場で行われたGⅠ・GⅡに出走していた馬に注目したい。

過去3走以内の中山のGⅠ・GⅡへの出走が1回か2回の馬
サイモントルナーレ
サクラアンプルール
ショウナンバッハ
ゼーヴィント

GⅠを除く直近のレースの着順をチェック
中山競馬場で行われた過去10回の出走馬について、GⅠを除く直近のレースでの着順別に成績をまとめると、3着以内馬延べ30頭中28頭は該当したレースでの着順が「6着以内」だった。

G1以外の直近レースで6着以内の馬
トーセンバジル
サクラアンプルール
ゼーヴィント
ソールインパクト
チェスナットコート
ノーブルマーズ
ロードヴァンドール

上記の2つのフィルターで残ったのはこの2頭!
ゼーヴィント
サクラアンプルール

ゼーヴィントは故障明けですし戸崎騎手っぽいですし、人気するんじゃないかと思いましたけど、キセキとかトーセンバジルとかロードとかもいるんで手ごろな人気になりそうですえ。

サクラアンプルールは中山記念がいまいちな印象ですが、内回り1,800mから有馬記念と同じ2,500m外回りに替わってどうかですかね。

 

毎日杯(G3)データ分析
http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2018/0324_2/index.html

前走のレース別成績にも特徴あり
過去10年の出走馬の前走のレース別成績を調べると、前走がGⅠもしくはGⅡだった馬で連対したのは、2013年に弥生賞から臨んで優勝したキズナだけ。優勝馬10頭のうち9頭は、前走がGⅢだった。その中でも共同通信杯から臨んだ馬が好成績を残している。また、前走が「関西のGⅢ」だった馬も9頭が連対している。

でました!変な切り口のデータ!

前走が共同通信杯orGⅠかGⅡor関西のGⅢだった馬
ファストアプローチ

過去の成績も要チェック
過去10年の毎日杯では4走前までに、「重賞において1~3番人気で4着以下、または条件クラスにおいて1番人気で3着以下に敗れた経験があった」という馬が毎年連対している。

4走前までに「重賞において1~3番人気で4着以下、または条件クラスにおいて1番人気で3着以下に敗れた経験がある」馬って、これもまた変なデータですけど、該当はこの1頭だけ。
ファストアプローチ

っていうか、登録馬がショボすぎて毎日杯はファストアプローチ鉄板ぽいですな。。。

 

 

マーチステークス(G3)データ分析
http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2018/0325_1/index.html

ここはいろいろ見たんですが、事前に調べられるデータがこれくらいだったんで、このデータで!

前走の4コーナーでの位置取りをチェック
中山競馬場で行われた過去10回の出走馬のうち、前走がJRAのダートのレースだった馬について、そのレースでの4コーナーの位置別に成績を調べると、「先頭」組が勝率で断トツの数値を叩き出している。しかし、「先頭」組は2着と3着がなく、3着内率では「2~4番手」組が僅かな差ながらトップに立っている。

前走の4コーナーで「先頭」だった馬
ドリームキラリ
ハイランドピーク

このデータ、1着になる可能性があるデータってことなんで、この2頭のどちらかが4角先頭できたらそのまま勝っちゃうかもね~ってことで、ぼんやり単勝候補で考えときますかね。

 

 

≪今週末の4重賞データ抜擢馬まとめ≫

高松宮記念(G1)
ナックビーナス[予想8番人気]
ファインニードル[予想3番人気]

日経賞(G2)
ゼーヴィント[予想3番人気]
サクラアンプルール[予想6番人気]

毎日杯(G3)
ファストアプローチ[予想5番人気]

マーチステークス(G3)
ドリームキラリ[予想10番人気]
ハイランドピーク[予想1番人気]

今週末もこの7頭は必ず馬券に組み込んでおきます!

 

↓↓閉じる前にここをポチっと!

新コンテンツ「競馬予想A.I 月宮汐音」

調教とパドック以外の全ファクターを数値化した、新しい競馬理論予想A.I「月宮汐音」の特設サイトです。

中央競馬の全会場の、7レース以降の全レース(障害を除く)予想アップします!
指数以外にも、的中率と回収率のバランスが一番良いと思われる推奨買い目も提示!そこまで至れりつくせりで月額【4,980円(税込)】ですべてご覧になれます!

先週もコンスタントに的中量産!

買い方は推奨買い目以外にもご自由に!

新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の特設サイトです。

中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、
人気馬考察、先行馬考察、多角的考察、調教診断、トラックバイアス分析、レースレベル分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます!