東京新聞杯はちょい荒れ重賞!なぜか1番人気が連対しない謎重賞です。

雪の影響が残る重い馬場での東京競馬場開幕週でしたが、JRAの職員さんの必死の除雪作業によって、芝もダートも雪のないキレイな状態で競馬ができましたね。

ありがたや、ありがたや。

 

今回の冬は例年に比べたらだいぶ冷え込みがキツイですけど、毎年暖冬暖冬って言ってたのを考えるとこれくらいが普通の冬なんでしょう。

あんなに寒くても馬も騎手も頑張って走ってますし、こちらも馬券が買えて競馬を楽しめてますし、ほんと感謝感謝です。

 

感謝のついでに馬券も当てさせてもらいたいものですが、そうもうまく行きませんでしたね。

来週に期待します!!


過去5年間の東京新聞杯は馬連が美味しい!

 

タイトルにもある通り、東京新聞杯は過去5年なぜか1番人気が勝てない重賞です。

過去5年の1着馬と2着馬の人気と、馬連配当がこちら。

2017年 3人気ー5人気  3,150円
2016年 5人気ー6人気  4,690円
2015年 3人気ー9人気 14,690円
2014年 8人気ー3人気  6,710円
2013年 2人気ー5人気  1,690円

去年は1番人気のエアスピネルが最後に垂れて3着。
一昨年は1番人気ダッシングブレイズが騎手をぶっ飛ばして競走中止と、どうも呪われてる1番人気が多いです。

 

今年の1番人気は、恐らく1倍台の単勝オッズと思われるグレーターロンドン。

騎手は川田騎手に乗り替わりですが、果たしてこの呪いを跳ね返せるのか否か。

一番の注目はここですね!!

 

というか、グレーターロンドンって田辺騎手の馬ってイメージだったんですけど、前走の負けで乗り替わりなんでしょうか?

個人的に田辺推しなもんで、もし前走の負けが原因ならもともとの脚質が追い込みの馬を前残り展開になりがちなメンバー構成のディセンバーステークスで使った陣営のセンスに疑問ですし、それで負けておいて騎手のせいってのも疑問です。

負けた相手も白富士ステークスで逃げ切った重賞馬マイネルハニーですし、疑問しか残りませんねぇ。

 

まあ、田辺騎手の乗り替わった馬はGⅠ馬のダノンプラチナということで、馬のレベルはアップしてるとも思えますが…

蛯名騎手も先約あったのかもですが、ダノンプラチナをここで捨ててデンコウアンジュを選ぶのも不思議。

 

というように、今回の東京新聞杯は不可解な乗り替わりが多発してる印象を受けました。

 

現時点で狙いたいなーと思ってるのはこの馬!

↓↓馬名はここをクリック!

想定13番人気ですが、前回の休み明けの京成杯AHではあんまり経験のない中山マイルで11番人気2着。

今回は重賞勝ちもある左回りのマイル戦ですし、前走の富士ステークスとマイルCSは馬場も悪く展開も向かず。

三浦騎手起用とのことで、一発狙った騎乗をしてもらえたら久しぶりの末脚炸裂の可能性もあります。

調教次第では重い印も打ちたいですね!



新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の特設サイトです。

中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、人気馬考察、先行馬考察、多角的考察、調教診断、トラックバイアス分析、レースレベル分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます。

ご自身の競馬予想の情報源&参考予想になれば幸いです。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA