シルクロードステークス予想の準備。雪の影響でどこまで馬場が重くなるか

明日は東京では根岸ステークス、京都ではシルクロードステークスが開催となります。

 

根岸ステークスは岩田騎手確保のブルドッグボスが匂う感じですが、それ以外は人気馬が強いのでそれほど荒れる感じはしないですね。

有力だったベストウォーリアが取消で多少は穴馬の出番もありそうですが、ペース的には距離短縮組より距離延長組の方に向くのかなーとぼんやりと考えてますが、それでもまあ堅そうです。

 

一方、京都で行われるシルクロードステークスはフルゲート18頭立てとあって、けっこう荒れそうな気がします。

というのも、前走地方のダートG1を勝ったニシケンモノノフ以外は、前走重賞で馬券内にきたのは休み明けのセカンドテーブルだけ。

それ以外はオープンクラスで勝ってここに進んできたミッキーラブソングとナックビーナスも人気薄となってます。

 

本当にどこからでも入れる組み合わせ。

ということで、今の京都競馬場の馬場状態から考えていきたいと思います!


雪が降った時の芝の馬場状態は?

ご存知の通り、京都競馬場は雪が降ってますね。

馬券の前日販売がないということは朝まで降雪がひどいときは中止もありえる状況。

とはいえ、最近は開催が中止になることはそうそうないのできっと朝7時には馬券発売が開始になるでしょう。

馬場状態はおそらく、稍重から重馬場のパワー馬場。

しかも水分を含んでるのでシルクロードステークス開催のころは直線も向こう正面も荒れてくるでしょう。

かといって大外を回しても全体が水分を含んでる状態ですからそこまで良いわけじゃありません。

となると、有利になるのはやや外目の中団あたりをを追走できる馬!

そして、そういう馬場でスピードよりもパワーとスタミナを問われるレースになるということで、1200mより長い距離に実績がある馬!

最後にもう1つ。さすがにこんな馬場でも重賞ですし、ここから次は高松宮記念があるわけですから、最低でもオープン勝ちくらいの実績が欲しいところですね。

 

この3つの条件をクリアしていた馬は3頭発見!

↓↓馬名はここをクリック!

 

1頭目はG3で2着の実績もあり、1400mでの成績も優秀で位置取りも中団の11番人気。

 

2頭目はこんなだからこそ狙えるダートG1馬。騎手も天才。現在10番人気。

 

3頭目はマイルG1で2着、マイル重賞勝ちの実績もあり、前走で1200mも経験して忙しさも知ってる7番人気馬です。

 

ここ目標とは思えない3頭ですが、実力があるならしっかりここでも走ってくるもの。

期待しかありません!



新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の特設サイトです。

中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、人気馬考察、先行馬考察、多角的考察、調教診断、トラックバイアス分析、レースレベル分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます。

ご自身の競馬予想の情報源&参考予想になれば幸いです。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA