そろそろ2018年ダービー馬予想第一弾やります!あなたの本命は何ですか?

昨年12月から始まった中山競馬場のロングラン開催も昨日で無事終了。

この後は4週間かけて馬場を整備して回復させて、2月24日から皐月賞の行われる4月15日までの8週間、またまたロングラン開催となります。

 

この時期は日照時間も短めで寒くて芝も生育しないんですけど、天下のJRA馬場造園科さんのことですから、ビシッとエアレーションフカフカ馬場に仕上げてくるのでしょうね!

 

そして、早いものでそろそろクラシック戦線に進む駒が決まってきて、今年のダービー馬を予想する時期にもなってきました。

競馬って、馬券が当たらなければ意味がないので、そのレースの出走メンバーをみて予想して馬券を買う、っていうのが楽しいギャンブルですよね。

ただ、個人的にはクラシックだけは馬券を当てることも大事ですけど、好きな馬をダービー馬になってくれるように応援するレースでもあります。

 

最近では、ずっと追いかけてたワンアンドオンリーがダービー馬になった時は叫びました。
その時の馬券はハズレましたけど、今でもあのダービーは忘れられない思い出です。

 

そんな思い出のためにも、今からダービー馬候補を選出して、応援する馬を決めて追いかけるのもクラシックの楽しみ方のひとつかと思います!


現時点で出そろったダービー馬の候補馬はこれだ!

 

まず、ダービー馬になる馬は現時点で何かしら重賞を勝ってると思います!

まあ、ディープスカイは未勝利脱出が1月末で、初重賞制覇は3月末の毎日杯でしたけど、あれは異例。ほとんどのダービー馬は現時点で少なくとも1勝以上はしてオープンや重賞戦線に進んで賞金を積んでます。

 

ということで、私が独断と偏見でピックアップするダービー馬候補はこちら!

 

横綱クラス

ダノンプレミアム
G1馬。いわずもがな有名な最優秀2歳馬。朝日杯を完勝。次は距離を延ばして弥生賞に進むそうですが、脚質的にも血統的にも問題なさそう。
川田騎手はもうマカヒキでダービー勝ってるので気楽に乗れるのも強み!

タイムフライヤー
こちらもG1馬。しかも中山芝2,000mの皐月賞と同じコースで後方からの差し切り勝ちということで、東京競馬場になっても安心な勝ちっぷり。
ルメール騎手確保で、次走はわかばステークスから皐月賞の予定。

 

大関クラス

ワグネリアン
福永騎手をダービージョッキーにするために産まれてきた馬かもしれない。父ディープ×母父キンカメ、母母ブロードアピールというこてこての金子馬。
3戦3勝で重賞勝ちとまだ底を見せていませんが、福永騎手の完璧な教育のおかげで超優等生な気性。
次走は弥生賞で上記ダノンプレミアムと激突!

ステルヴィオ
朝日杯2着馬。ロードカナロア×ファルブラブと短距離寄りな配合かと思いきや、マイルでも距離不足な感じのレースぶりで、ひょっとしたらクラシックディスタンスも走れるのでは?という気もする馬。
ロードカナロアがたまたまスプリンターだっただけで、その父はキングカメハメハですし、母父ファルブラブもマイルから中距離に適正のある産駒を多く産んでます。
次走はスプリングステークス予定!

 

関脇クラス

グレイル
11月末の京都2歳ステークスを勝った2戦2勝馬。ちなみに横綱クラスのG1馬タイムフライヤーがこの時の2着。
3着ケイティクレバーが若駒ステークス勝利、4着アイトーンが福寿草特別勝利と、負かした馬が勝ってるせいでどんどん評価が上がってる謎の馬です。
次走は共同通信杯で、そこから皐月賞のローテを予定。

コズミックフォース
京成杯2着。結果的に負けはしたものの、後ろから上がり1位の末脚で差してきた馬で、皐月賞に出走してくるなら穴で面白そうと今から思ってます。
もともと皐月賞は異常なハイペースになって中距離馬よりマイラーに向くレース質。前述のステルヴィオとこの馬は皐月賞向きでしょうし、ここからダービーも悪くないステップです。
次走はすみれステークス。

オブセッション
ルメール騎手騎乗で弥生賞に出走予定。2戦2勝馬でまだ底は見せてませんが、タイムフライヤーとの使い分けで弥生賞でもし勝っても、ルメール騎手はタイムフライヤーという予定。
まあ、シルク馬ですから仕方ないんですけど、最近めっきり減ってきたディープ産駒なのでクラシックシーズンに成長する血統ですし、ひょっとしたらひょっとしそう!

 

ざっとこんな感じで個人的な候補馬を7頭ピックアップしてみましたが、皆さんはこの中に今年のダービー馬だと思ってる馬はいましたか?

私は朝日杯でも本命にしてるこの馬を応援予定です!

↓↓馬名はここをクリック!

 

朝日杯でも最後にしっかり伸びてはきましたが、圧巻は前々走のサウジアラビアRC。

どう考えても無理な位置からしっかり伸び続けての2着で、ペースさえハマれば突き抜けてもおかしくない脚でした。

 

ダノンプレミアムとは2戦2敗ですが、距離が伸びていいのはこちらとみてます!

ということで、2018年ダービー馬予想でした。

 

皆さんもダービー馬を予想して追いかけて、ステキなクラシックシーズンをお過ごしください!



新しいWEB競馬新聞「SILVER BULLET」

新進気鋭の若手予想家、たくちん&メシ馬ひきいる予想家グループ「SILVER BULLET」の特設サイトです。

中央競馬の全レースからピックアップされた期待値の高い予想はもちろんのこと、人気馬考察、先行馬考察、多角的考察、調教診断、トラックバイアス分析、レースレベル分析、種牡馬辞典などなど、様々な記事コンテンツが月額【900円+税】ですべてご覧になれます。

ご自身の競馬予想の情報源&参考予想になれば幸いです。

Commentsこの記事についたコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA