トーホウジャッカルって本当に強いの?札幌記念の結果と、秋のG1戦線予想!

トーホウジャッカル、ラキシス、ラストインパクトのどれも馬券圏内に入らなかったことで、例年堅いイメージの札幌記念が今年も荒れましたね。

中には人気薄のディサイファやヒットザターゲットの激走にびっくりした人も多いとは思いますけど、馬券圏内の馬3頭の前走の着順を見ると、やっぱりそこは夏競馬。
順調な馬が有利ってことなんでしょう。

細かく書くと
1着のディサイファ→前走エプソムカップ(G3)3着
2着のヒットザターゲット→前走目黒記念(G2)1着
3着のダービーフィズ→前走函館記念(G3)1着
まぁ、調子の良さが着順にそのまま結びついてるというか、結果を見ると走るべき馬が走ったなって印象ですね。
[adsense]
ちなみに凡走した3強ですが
トーホウジャッカル→前走宝塚記念(G1)4着
ラキシス→前走宝塚記念(G1)8着
ラストインパクト→前走天皇賞春(G1)4着
と、なんだかんだで前走がG1だろうが馬券になってない馬はしょせん馬券になってない馬なんだと、改めて身にしみました。

とはいえ、こやつらはこれから秋競馬は王道路線に行くでしょうし、ここから叩いて調子が上がってくる組。
札幌記念で好走した組は、あんまりお釣りのない状態で秋競馬に向かうでしょうから、ここからどういう休養を挟んでくるかが注目です。
ここまではあくまで古馬中距離王道路線の馬の話。

今年の秋のスプリント路線は、正直いまの状況を見ていると、本当に強いスプリンターがいないように思えます。
まだセントウルステークスの結果が出てないんでなんとも言えないですが、ひょっとするとスプリンターズステークスもまた高松宮記念に続き、香港馬に持っていかれるんじゃないかと危惧しております。

マイル路線に関しては、3歳馬たちがどれくらい古馬に通用するか未知数ですけど、ヤツがマイル路線に乗り込んでくることを期待しております。

その名は、キズナ!

もう中距離すら距離が長いと陣営がジャッジしてくれたら、トーセンラーのような、デュランダルのような、そんな切れ味の末脚でG1を勝つ、ダービー馬を見たいと思っております。
ディープ産駒=京都、ディープ産駒=マイラー、っていう方程式がカチッと噛み合うのは、京都のマイルのG1しかありませんね。

ってな感じで、今年の秋が楽しみで仕方ない、うまぐり管理人なのでした~!